ドイツBIOスーパーで働きたいOLの学習記録

ドイツのNATURATAで働くのが夢です。今はバイオ系メーカーの内勤OLをしています。ドイツ映画や語学学習についても書いていきます。【速報】宝塚に完全にはまりました。

日本人の英語コンプ

こんにちは。新年度ですね〜!

 

私は相変わらず、ゆるーくOLしながら宝塚ライフを送っています。

にしてもチケット取れなくて辛い。。。(愛月会入りたいけど入り待ちとかお手紙とかしたくないゆるオタなので。。。)

 

今日は久しぶりにドイツ語のことを書いてみます。 

ドイツ語を学ばれている方ならお分りいただけると思いますが、ドイツ語を学んだとて

 

①ドイツ語圏へ行く

②ドイツ資本企業でがっつり働く

③ドイツ料理屋orドイツフェスへ行く

④ドイツ映画、オペラなどを観る

 

くらいしか役立つ場面はありません。

また、②は英語でも問題ないですし、③④に関しては完全に余暇ですので、「韓国ドラマ好き!ハングル勉強する!ひむねよ〜!」という場合と全く同義です。なんならコンテンツ的には韓国の方が容易に入手できますから、出来たら出来たで役立ちます。

 

という訳で、実際にドイツ・オーストリアあたりに行かない限り、あんまりアドバンテージがありません。ベルリン、ウィーンなど大都市に関しては英語通じちゃうし。日本にいるドイツ人もみーんな英語できるし。うちのグループ会社にもドイツ支社あるけど、みなさんもちろん英語ペラッペラだし。(Herzlich Willkommen!メール以降ドイツ語みてないし)

 

そんなこんなで、結局英語かー。いや、そろそろ中国語だなー。ドイツ語あんなに頑張ったのになー。映画観てきゃっきゃしたり、星組公演観て「おい、原田先生よ。ベルリンちゃんと行ったんだろうな?史実調べたんだろうな?何、親衛隊そのノリでやらせてんだよ」とクレーマーになったりくらいしか役に立たなかった訳です。

 

それがね

昨日、ついに!

日本で!てか、渋谷で!

役に立ちました!!!!!!!!笑

 

切符券売機前に行列が出来ていて、先頭をみるとトルコ系ファミリーが悪戦苦闘していました。

お父さんが路線図を持って、周りをキョロキョロ。娘さんが「もういいよ、お父さん。私がやるから」顔をしていました。

明らかに困っている彼らを、見て見ぬ振り。我関せず!なんなら早くしろよ…顔で俯いている手前の女子大生たちとサラリーマン。

 

私はとても悲しかったです。

英語出来なくても切符買うの手伝うくらいできるじゃん。。

路線図あるんだし、イライラ顔するくらいなら手伝えばいいじゃん。。

 

呆れてしまって、だいぶ後方にいたのですが声をかけました。

私が声をかけたのをみて、ホッとした顔をして空いた券売機にささーっと逃げる日本人のみなさん。(おもてなしとは一体)

実際は、英語ペラペラな娘さんがほぼ購入できていたのですが、確認とお手伝いを少ししました。

 

で、ちょいちょいそのファミリーが母語、英語、ドイツ語を混ぜて会話していることに気づきました。

そこでお父さんに「ドイツ語話せるんですか?」と久々のドイツ語で聞いてみました。

 

お父さん「僕たちドイツからきたからね!、、、え?君、ドイツ語できるの??勉強したの??」

お母さん「ありがとうね〜。ドイツ来たことあるの?あら、どのくらい?いいわね〜」

 

恐らく、ご夫婦は英語よりドイツ語が堪能なようでたくさん話しかけて来ました。(フンフ ハンドレット イエン と言っていたので恐らく)

 

なんだろうなあ。初めて東京でドイツ語が役立った喜びと、外国人観光客への申し訳なさと、日本人の英語コンプの強さを痛感しました。

 

お父さんが「助けて〜」顔で周りを見たとき、みーんな下向いたりスマホ見てるフリ。それを見た娘さんは「日本人は英語で話しかけたら逃げるから良いよパパ」顔。

 

おもてなしの国とは一体。。。

 

そして、恐らく彼らは移民or2世(or元々定住者かも。子供達は確実にドイツ語ネイティブ)家族で、英語も母語じゃない訳ですよ。

なんだろうなあ。。こんなに英語教育だーだの英語を社内公用語にーだのTOEIC***点ですーだの、国挙げて意識高めてるはずなのに、どうして実践となるとみんな避けるんだろう。

 

こういうことを言うと

「はい。自慢うざい」「いや、日本に来たなら日本語話せよ」と言う人が一定数いらっしゃるのが常です。

 

違うんだよ。私全くペラペラじゃないんだよ。

わかりますけど何か?顔するのがうまいだけで、実際中2くらいまでの英文法しか使えてません。現在完了すら未だに苦手です。

 

私が悲しいのは、外国語への精神的障壁が高すぎて、明らかに困ってる人を見かけても「話せなくて恥をかきたくない」という気持ちが勝ってしまうことです。

 

そりゃ東京なら誰か助けてくれると思いますよ。

誰か一人くらいは喋れます。

でもさ、喋れなくても切符くらい買えるじゃん。。

 

うーん。どうしたら良いものか。

日本人の英語コンプ、外国語コンプが徐々に和らいでいくことを願います。

 

終わり 

2018年になりました(+今さら2017年総括)

2018年初投稿です!

 

もう3月なんですってね〜。あっという間に今年も終わって、気づいたら28歳になって29歳になって、30手前で「ねえ、結婚する気ある?これからどうすんの?」と彼氏に八つ当たりして喧嘩している姿が目に浮かびます。あー2020怖い。オリンピックも怖いし20代ラストイヤーも怖い。

 

はい。結局久しぶりの記事になりました。

ブログをはじめた時は、夢中になれることもなく、なんとなーくゆるいOLライフを送っていて漠然とした焦りもあり、気持ちを整理させる意味も込めて書いていました。

 

が、その後、宙組でヅカ沼に落ち、愛月沼にどっぷり浸かり、星組娘役ブームが起き(ブーケ・ドのあーちゃんくらっちが女神すぎて)、誕生日に1人雪組観劇で号泣し、「雪組雪組やっぱすげーよ!だいもんきーちゃん最高かよ!」となり、日本青年館の不滅で「歌劇団さんお願いします、あいちゃんを宙組初の自組トップに!!!」と、まぁ、ズブズブライフを送っておりました。

 

ポーは取れなかったので、次はカンパニー月組です。

月組のカラー的にはまるかなあ?と思ってましたが、まず美弥様にハマり、色々見ていくうちに、たまちゃぴの関係性にじわじわはまってしまい、「早く!早く観たい!!」モードになっております。

 

お芝居よりショーが楽しみなんです。。

もう最近はむしろ上田久美子先生のファンになってしまって、なんならうえくみ先生のファンクラブに入りたい。(しかも普通に美女ですよね先生)

 

とまあ、宝塚の話ばかりになってしまいましたが、ハロプロオタの友達を沼に引き摺り下ろしたり、ツイッターでヅカオタさんたちと仲良くさせていただいているおかげで、もう日々が満ち足りているという次第です。

 

元々好きで観たりしてたけど、宙組×うえくみ先生のおかげでここまで潔く沼落ちできたので、まぁ様退団公演取れてよかったなー!と思っています。

 

宝塚以外では、フライングヨガとボクシングをはじめました。(急に)

 

昨年、ノーマルなヨガ(ハタヨガとかアシュタンヨガ)を習いはじめて通っていたのですが、気持ちいいだけで一向に痩せない。体幹は鍛えられてきた気がするけど、思ったより効果が…と悩んでいて、でもヨガはやめたくない!ということで、フライングヨガに切り替えました。

 

私は逆転ポーズが苦手で、いつも出来なかったんですね。でも、フライングヨガはいいですよ〜結構あっさり逆転できます。筋トレにもなるし、シャバーサナもハンモックで気持ちいいし。

 

でも、フライングヨガだけじゃ痩せないなあと思いまして。

高校の友達に勧められて、ボクシングジムにも通いはじめました。

ボクシングだけではなく、キックボクシングやムエタイ、柔道、カポエラなど格闘技全般をやっている複数拠点で展開している道場です。

 

これまたハマりました!(基本すぐにはまる女)

運動不足だったので、めっちゃ汗かくし、筋肉痛すごいし…でもこれは絶対痩せますよ…GWに地元で友達の結婚式があるので、それまでに痩せて、友達のお式に華を添えてあげられるよう頑張ります。

 

こんな感じで今年も頑張って生きていきます。おわり。

 

 

 

 

 

ドイツフェスのはなし

 

こんにちは〜。

久しぶりの記事で、久しぶりにドイツ関連の話をします🇩🇪

 

先日(11/2〜5)、ドイツ大使館主催のドイツフェスティバルが青山公園で開催されました。(この記事、1ヶ月も前に書きかけて放置してました笑)

 

実はわたくし、アンペルマン(東京)でデザインをお手伝いさせて頂いております。

デザインといっても、イベントのDTP関連?をちょこっとですが。

 

ドイツ好きな方ならご存知かと思いますが、アンペルマンについてご説明を…

 

旧東ドイツ発の信号機(のキャラクター)

・今もベルリンと旧東ドイツエリアにはちらほら現存(統一後、西式に置き換えられる→1997年に復活)

・1999年にグッズ誕生、2001年にハッケシャーホーフ店オープン

・今もベルリン土産の代名詞

 

ざっくり説明するとこんな感じです。

日本のアンペルマンサイトのリンク貼っておくので、ご興味ある方はどうぞ

ampelmann.co.jp

 

 

はい。それで、ドイツフェスのお話でしたね。

すっかりクリスマスフェスシーズンになってしまったので、時期外れ感すごいですが、あれですオクトーバーフェスってあるじゃないですか。

日本人はドイツフェス大好き!オクトーバーフェス大好き!な国民性からか、イベントがあちこちで開催されています。

 

中でも、青山公園で開催されるドイツフェスは、ドイツ大使館が主催ということでかなり本格的でおすすめです。

アンペルマンの他にも、ドイツパンのお店や(ゲーテでお昼に売りに来てたあのお店!)、私がちょっと前まで通っていた日独協会も出展していました。

コスメ中心となりますがオーガニック関連のお店も多数出展していましたね。 

 

ちょっとやっぱり時間がたってしまったので、「今さら言われても、次回は来年11月って〜」という話なので、手短に済ませます。笑

 

今回の催事では、DTPよりもこちらのボートをメインに担当しました。

 

 f:id:yumikono:20171215180035j:image

 

こちらの時計は日本オリジナルで好評だった為、2017年モデルも登場しました。

 

何が言いたいかというと、チョークアートやりたい。。。

こちらはチョークボードペイントを塗装して、その上に油性マジックで描いていきました。

久しぶりにレタリングの本を漁ってみたり、手描きベルリンアイコンをたくさん準備してみたり…結局スペースの問題で入れられなかったんですけど…

 

楽しかったです!!!!!!笑

 

それっぽい学部卒業してる割に、デザイン心あんまりない人間なんですけどね(本業は他業界の総務)

 

アラサーもいいところなのに、やりたいことも得意なことも範囲が浅くて広いので、30代40代になって詰むのかな〜とぼんやり考えたりもしますが、とりあえず今はやってみたいこと興味があることにひたすら取り組んでみよう!と開き直っています。

 

今年もあと少し。がんばろーっと。

 

 

宝塚歌劇団・宙組にどハマりしました。

 

こんにちは。

やっぱりブログが続かないゆとり世代OLです。

 

ブログを作った段階では、毎日モヤモヤしていてすごく鬱屈としていたのですが、最近は毎日晴れやかです。

 

なぜって

 

 

 

 

宝塚にハマったから!!!

 

 

急にという訳じゃないんです。元々好きで、公演に行ったこともあるのですが、どハマりとまでは行かず。

星組好きだな〜紅さん面白いな〜あーちゃん可愛いな〜程度で。

youtubeならハロプロ(実は元道重オタク)か宝塚動画を漁ってまーす」くらいのハマり方だったんです。

 

それが!!!!

 

 

宙組が!!!!!

 

 

いやー、完全にきちゃいましたね。

 

先日、宙組トップスターの朝夏まなとさん退団公演を観劇しに行ってきたのです。

 

「神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜/クラシカルビジュー」

f:id:yumikono:20171111005921j:plain

 

kageki.hankyu.co.jp

 

以上、二本立て。

実は東京宝塚劇場で観劇するのも初めてで(前回は国際フォーラムでした)、会場の豪華さに感動!

 

書き下ろし作ですが、実在した人物も出てくるロシア帝国ロマノフ朝末期のお話でした。

 

あらすじはざっと目を通していたくらいで、あとWヒロインの伶美うららさんが超絶美女ということと、星風まどかちゃんがとにかくキュートということしか知りませんでした…。

 

 観劇した結果。

 

 

うらら様ーーーーーー!!!!!

 

f:id:yumikono:20171111010332j:plain

 

まどかちゃーーーーん!!!!!

 

f:id:yumikono:20171111010344j:plain

 

宙組最高かよ!!!!!!!

 

 

と相成りました。

 

ちなみに、一応宗教者?呪術家?のラスプーチン僧を演じられていた方が本当にすごくて。

 

ラスプーチン氏は実在した人物で、それ界隈ではとかく有名だそうです。(彼氏がそれ界隈に詳しい)

 

え?これ子供が見たらトラウマになるんじゃない?レベルで。

 

ジェンヌさんってすごいんだなぁと感動した訳です。

 

f:id:yumikono:20171111010407j:plain

↑普通に怖かった↑

 

しかし、クラシカルビジューに入って問題が起きた訳です。

 

「あれ??さっきのラスプーチンやってた人どこ??結構、上の番手さんだよね…え?いなくね??」

 

えぇ、終演後即ググりましたよ。

 

ラスプーチンを演じられていたのはこの方、愛月ひかるさんでした!!!

 

f:id:yumikono:20171111010456j:plain

 

宙組の3番手さんで、とても美しいお顔立ち!これがラスプーチンなの?意味不明じゃない?

 

f:id:yumikono:20171111010513j:plain

(すんごい美女。。そしてかわいい。。)

 

愛月さんは、昨年のエリザベートではルキーニ役をされていて、まーそれもそれで良き。伶美うららさんがマダムヴォルフで、愛月さんがルキーニ。なんだそれ!!!!最高かよ!!!!!

 

いやー、ハマりましたよね完全に。

 

伶美うららさんはご卒業されてしまいますが、舞台女優さんになるのであればまたあの美しさを拝見しにいきたいです。

 

愛月さんと星風まどかちゃんは今後も宙組ですし、まどかちゃんはトップ娘役に就任されるとのことですから、今後は宙組中心に観劇しようと思います。

 

 

あー、宝塚すばらしい。宙組すばらしい。

 

 

こうしてまた、趣味がひとつ増えてしまったのでした。

 

おしまい

 

 

 

上半期の振り返りとNHK語学ラジオ

こんばんは。

今年度も下半期に入り、上半期の生活を振り返ってみました。

 

4月に転職をし、時間に余裕ができたことで(日本語業界がしんどすぎるだけかも)、昔から大好きな自己投資を始めることができました。

 

聞こえはいいですけど、飽き性なので広く浅くいろんな習い事を始めたってだけですね。

 

習い事+趣味+自己投資リスト

  1. ヨガ教室
  2. 英会話:継続でNPO法人の教室+オンライン英会話
  3. ドイツ語:継続で某公益財団法人のクラス
  4. プログラミング(←NEW!!)
  5. POP/ポスターデザイン (かっこつけるとパラレルワーク)
  6. 簿記/経理関連のお勉強
  7. BIO/メディテーション/ハーブ関連の気になる本を読み漁る

 

…暇人ですネ!

 

事務職なので持ち帰り業務もないし、業界的にも「終電ですけど?」概念もなく土日出勤もなく、業務時間外で即レス強要が来ることもありません。超ホワイト業界!最高!

 

ただ、ここ最近は「この職種もいつまでもつのかな〜事務職なんて20年以内に無くなるんだろうな〜」と焦る気持ちも出てきて。

そんな状況も相まって、自己投資マンと化しているわけです。

 

さて、上記リストに追加して今月からもう1つ始めました。

 

NHK語学ラジオ講座

 

これねー。学位留学なしで流暢な英語を話す人たちから、幾度となく聞いたフレーズ。

 

NHKのラジオ英会話が一番いいですよ」

 

もちろん、私も何度か挑戦しました。

ただ、ちょっと気を緩めるとテキストがどんどん溜まってしまって。。

面白そうな講座がありすぎて、あれもこれもと追加していき捌ききれなくなって挫折。

という経験がありまして、今回はきちんとリサーチをかけました。

 

私の場合、「英語とドイツ語どっちもやりたい」という部分で欲張りすぎる傾向があります。

 

今回は比重を英語に置きたいので「ドイツ語は応用編(木・金のみ)を聞き流すだけ」「英語はラジオ英会話を聞き流し+ディクテーション+テキストの3回」という方法に設定しました。

 

どこまで持つかなー。笑

 

まず1週目を終えての感想ですが、ドイツ語フルコミットしていた2014年頃と比較して、だいぶ英語脳が回復していました!

 

ドイツ語への熱度がガクッと落ちて、ゆるーく付き合えるようになったことで「結局仕事で使うの英語じゃん」という至極当然の現実を受け入れられるようになったのが大きいです。

 

ドイツ語は好きですが、日本にいる限り英語・中国語の圧倒的優位性にはどの言語も叶いませんからね…。

 

今月も既に半ばですが、残りの2017年も楽しくゆるく自己投資していきたいと思います。

 

 

「ブルーム・オブ・イエスタディ」鑑賞記録

 

先週末公開のドイツ映画「ブルーム・オブ・イエスタディ」を鑑賞してきました。

 


映画『ブルーム・オブ・イエスタディ』予告

 

bloom-of-yesterday.com

 

あらすじについては引用しますね。
サマるのしんどいので。

 

ナチス映画の歴史を変えるエポック・メイキングな愛の物語

愛と笑いと勇気でタブーの扉を開ける!

時は、現代。ナチスの戦犯を祖父に持ち、家族の罪と向き合うためにホロコーストの研究に人生を捧げるトト。そして、ナチスの犠牲者となったユダヤ人の祖母を持ち、親族の無念を晴らすために、やはりホロコーストの研究に青春を捧げる若きインターンのザジ。スタート地点は真逆だが、同じ目標のためにアウシュヴィッツ会議を企画することになった二人。しかし、この出会いは、偶然ではなかった──。オープニングから畳みかけるようなユーモアと毒舌の連続に、こんなシリアスなテーマで笑っていいのかと不安を覚えた私たちは、“ドイツ、ウィーン、ラトビア”へと過去を追いかける二人の旅に同行しながら気付いていく。すべての人間に、どんな傷でも癒せる、素晴らしい力があることに。困難な日々の中にも必ず美しい花のような瞬間があり、昨日咲いた花(ブルーム・オブ・イエスタディ)が、今日、そして明日を輝かせてくれる。破天荒な展開のその先に、前を向く勇気をくれる物語が誕生した。

 

(ブルーム・オブ・イエスタディ 公式HPより引用)

http://bloom-of-yesterday.com/about/

 

ということで、昨今、日本に輸入されるドイツ作品に多い「現代からみるナチスホロコースト問題」作品です。
今度レビューを書こうと思いますが、"Er ist wieder da (帰ってきたヒトラー-2015)"もドイツでかなりヒットしていましたし、日本の戦争映画の潮流とはかなり違うなーという印象です。

 

さて、話を戻します。

 

主人公は前述の通り、ナチ戦犯の祖父を持つホロコースト研究家とホロコースト被害者の祖母を持つユダヤ系フランス人のインターンです。もう、これだけでディスクティーレンしまくってくるんだろうなぁ感満載ですよね。

 

ドイツとユダヤホロコースト問題については、様々なコンテンツでも知ることができますし、日本人からすると他人事ではないように思います。
ただ、ドイツ人とユダヤ人には当事者意識が強く残っていて、日本人はそこが弱いのかなとよく思うんですね。
だからこそ、ドイツでは現代視点でこういう作品が出てくる。日本では正しい歴史認識のないまま煽られた大学生がやみくもに反戦デモに参加する…。
作品自体の感想ではないですが、こういう事実を突きつけられるお話でした。

 

恐らく全国のミニシアター系劇場で公開されていると思いますが、ある程度の予習は必須です。
私はル・シネマで公開2日目に観たのですが、さすが文化村。みなさん、笑うところでちゃんと笑ってる。笑

 

予告編にも出ていますが、ザジ(主人公・女性)のこのセリフが好きです。

"Menschen töten sich, menschen lieben sich."

 

あー!ドイツっぽい!ザジはフランス人だけど!



哲学者か誰かの名言のような気がするのですが、ドイツ語でも英語でも学術的なページに飛んでしまって見つかりません。聖書では絶対ないですよね。。
このように、ドイツ映画は「元ネタが高度すぎて文化背景知らないと笑えない」ということがまぁまぁあります。

 

映画の口コミサイトで評判をチェックしていたんですが、「狙ってるであろうところがスベってた」「出てくる役柄が全員狂ってて好感持てない」「女ヒステリーすぎ」「ブラックユーモア入れすぎて不謹慎」などなど、「ドイツ映画耐性ないとそうなるよね。だから、日本で流行らないんだよね!そりゃそうだ!」という気持ちになるコメントが続出でした。

 

ハイコンテクストすぎるし、ウケ狙いっポイントが日本とはだいぶ違うし。。ついでに、私たち日本人が「不謹慎」って言葉使うのもなんか違う。。

 

ただ、ちょっとでもドイツに興味を持っていろんな作品をみたり、ドイツ人と関わりを持つようになると、徐々に耐性がついてきて笑えるようになります。
ヒステリーも、邦画の描き方と全然違っていいんですよね。人間そんなもんだよね。

 

ドイツの女性(ザジはフランス人だけど)が特段ヒステリーって訳でないんですよ。
私の肌感覚として、日本人女性は感情を表に出すことが少ないように思います。女子会くらいでしょうか。

 

少なくとも職場で、上司に向かって議論をふっかけるというのは、欧米はもちろん東アジア圏の中でもかなり少ないのではないかと。男女問わずですね。

 

上記の理由から、私がthe日本式な日本語学校をすぐに辞めてしまった理由が見えてきました。笑

今の職場はとても良いです。思っていることを言えるし「あ、私も日本人的な考え強いんだな」とか「そうか、これはあくまで日本の常識なのか」と気づくことができますし、自分がダメな社会人だとあまり思わなくなりました。

 

 

ドイツ映画から、自分の転職の妥当性を導き出すことが出来ました。有意義。

 

 

では、昼休みが終わるのでこの辺で。

 

 

 

 

BIOとドイツについて

 

「ドイツのBIOスーパーで働きたい〜」と題しておきながら、ひとつもBIOについて書いていませんでした。

 

そもそも、BIOって何なのよ。オーガニックとは違うのかい。

 

というところから、書いてみようと思います。

 

私が言うBIOとは、ドイツのオーガニック製品の認証である「Bio-siegel(BIOマーク)」のことです。広義的な意味で使うこともありますが、BIOと書くとバイオなんだかビオなんだか区別しにくくなりますよね。

 

f:id:yumikono:20171002120508j:plain ←BIO siegel 

 

ビオ製品についても、勝手に名乗って言い訳ではもちろんなく、ドイツの連邦消費者保護・食料・農業省大臣が認定した製品に限られています。それはそれは細かい規定がありますが、ググれば出てくるので割愛。

 

日本語ページだとどうしても情報が少ないので、こちらをどうぞ。ドイツ語ページですが、英語もあります。

Bio-Siegel (ドイツ語)

 

そもそもBIOは、Biologischから来ています。

直訳すると"生物学の/生物学的"と出てきます。ここですよね、私はビオについて調べたいのにバイオが出て来ちゃう問題。。(ちなみにバイオ系メーカー勤務。ビオの方が好きなのに。)

 

ただ、この場合のbiologischはorganischと同義なのかと思われます。

organischは日本語にすれば"有機的な"、英語だと"organic"となります。

 

つまり、細かい規定や国、認可している団体の区別はあれど、ビオ・オーガニック・有機はほぼ同じ意味となります。

 

ちなみに、日本には農林水産省が認定する有機JASマークがあります。

 

f:id:yumikono:20171002120647j:plain  ←有機JAS認定マーク 

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

(農林水産省HP:有機食品の検査認証制度 ページより)

 

当たり前ですが日本国内では、 BIOマーク<有機JAS ですから、BIO製品=有機JAS製品ということにはなりません。

有機JASマークがついていない製品(農産物・農産加工品)は、EUのBIO認定を受けていても(基準を満たしていても)、"有機"や"オーガニック"という表記をすることは法律で禁止されています。

つまり、コスメやアパレルなどで"オーガニック"という言葉が頻繁に使われていますが、それが必ずしも基準(有機JAS)を満たしているかどうかは、きちんと確認しなければわからないということです。

 

この認定を受けるには費用がかかるようで、基準を満たしていても、マークをつけていなかったり、オーガニックという言葉を伏せている製品もあります。

 

日本っぽいお話ですよね(遠い目)

 

日本の法治国家具合って、本当にすごいですよね。何かを守るために法律があるのか、法律を守るために何かをするのか…。日本企業に勤めていれば、もう少し違和感なくいられるんでしょうか…。

 

 では、導入ですのでこの辺で。